自作アイロンプリントで作るオリジナルTシャツ調査! | ブログ | オリジナルTシャツの作成、プリントクラTジャパン

電話番号 FAX番号
メールアドレス 営業時間

クラTご注文

フルカラー転写プリント

自作アイロンプリントで作るオリジナルTシャツ調査!

クラTジャパンの斉木です。

自宅でオリジナルtシャツを作成できるアイロンプリントシートはご存じですか?
アイロンプリントシートとは白いシートに自宅のインクジェットプリンターでデザインを印刷をしTシャツに貼りつける為の道具です。
主に手芸屋さんや家電量販店で売られています。

私、斉木もクラTジャパンへ入社する前に自分でTシャツを作ってみようとアイロンプリントシートを購入し試みたが何度失敗した事か...
簡単そうに見えて実はとても難しいアイロンプリントシート。
そんな自作アイロンプリントTシャツは、どれ位認知されているか興味がわきオリジナルTシャツを作った事がある100人の方にアンケート調査してみました。

オリジナルtシャツをアイロンプリントシートで作った事がある?

グラフsyasinn
調査対象:全国の年齢不問男女。

アイロンプリントをやったことがない人が8割以上!

知ってはいるが実際にはやったことがないという方が8割以上という結果となりました。
アイロンプリントをやった事が無いと答えた13名のうち3名の方が今後作ってみたいというお話しでしたので、どのようなデザインで作ってみたいか聞いたところ、

家の猫の写真でプリントして可愛い部屋着を作ってみたい。

自分の子供や家族写真をコラージュした写真でアイロンプリントできたら楽しそう。

アプリで加工した画像で作ってみたい。

3名共にアイロンプリントの場合、フルカラーの写真をプリントしたいという考えでした。

では今後も作ってみたいと思わないと答えた方10名に理由を聞いたところ、「自分で作ると良い物が出来る気がしないから」という理由が多く、逆にプロを介して作る方が良いと考えているようでした。

自作のアイロンプリントシートは熱で貼りつく白いシートに画像データを転写印刷させる方法なので、パソコンを使ってプリントデータをプリンター用紙設定に合わせたり、デザインを反転させたりと実は時間と細かい作業が多いので、プリントTシャツが出来るまでに大変な方法なんです。インクジェットプリンターのインクが擦れてシートが使えないというトラブルも良く聞きます。
(ちなみに斉木はプリンターの設定が上手くいかずアイロンプリントシート3枚、ダメにして諦めました。)
僕みたいにシートを何枚もダメにしたり面倒くさいとお考え方にはクラTジャパンの熱ピタ貼付けフルカラー転写シートをおススメします。

熱ピタ貼付けフルカラー転写シート

フルカラーのデザインが鮮やかで綺麗にプリントが出来ます。
フルカラー転写プリント
熱ピタ貼付け転写シートを見る

熱ピタ貼付けフルカラー転写シートとは

まずは白色もしくは透明のシートにフルカラーのデザインをプリントします。
プリントされたシートを特殊な機械を使い、決められた温度と圧力でシッカリと貼り付けていきます。
自作のアイロンプリントでは数回で剥がれてしまう可能性がありますが、クラTジャパンの業務用の熱ピタ貼付けフルカラー転写シートを使用するので、洗濯を重ねても剥がれる事無く丈夫な仕上がりです。

1枚400円でフルカラープリントが可能

熱ピタ貼付けフルカラー転写シートはプリントされるシャツの色がホワイトの場合、1枚400円の追加料金でプリント出来ます。レギュラープリントであれば2色以上プリントカラーを使う場合、2色目以降から1色あたり350円の追加料金がかかるので熱ピタ貼付けフルカラー転写シートでプリントした方が安くなります。
※ご注文枚数20枚以上の場合

フルカラープリントTシャツならクラTジャパンへ

自分で貼りつける自作アイロンプリントも思い出となり素敵なオリジナルTシャツとなりますが、シャツの用意からデザイン作成もサポートするクラTジャパンへお任せ頂ければ自作のtシャツとは違うオリジナルTシャツが作成できますので、是非とも
最短2日でオリジナルプリントウェアが作成できるオリジナルTシャツ・クラスTシャツの激安作成のクラTジャパンへお任せ下さい。

オリジナルシャツの作成についてご不明な点がございましたら
【コメントを残す】もしくはメール・電話等にてお問合せ下さい。
メールで問い合わせする
TEL:0120-978-427
twitter:クラtジャパン

clat_cta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 3 = 4

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>